2010年06月07日

奈良・脇本遺跡で大型建物跡出土、飛鳥時代にも政権の重要施設か(産経新聞)

 雄略天皇(5世紀後半)が造営した「泊瀬朝倉(はつせのあさくらの)宮」跡と推定される奈良県桜井市の脇本遺跡で、飛鳥時代にかかる6世紀後半〜7世紀初めの大型建物跡が見つかり、県立橿原考古学研究所が3日、発表した。遺跡は交通の要衝に位置し、飛鳥時代以前の宮が集中した三輪山麓(さんろく)にある。橿考研は「推古天皇が飛鳥に都を遷(うつ)したあとも政権の重要施設が存在していたのではないか」としている。

 大型建物跡は、東西7・4メートル、南北8・4メートル以上。建てかえられた形跡があり、6世紀後半の建立時は柱穴の直径は約35センチだが、6世紀末〜7世紀初めの推古朝期に再建された際は飛鳥の宮殿に匹敵する約55センチだった。

 大型建物跡の北側では、推古朝期の東西約20メートルの柵列跡と、柵の内側に建つ建物跡の一部も見つかった。

 脇本遺跡ではこれまでに、雄略天皇の「泊瀬朝倉宮」の一部と考えられる5世紀後半の建物跡のほか、6世紀後半、7世紀後半の建物跡が出土している。

 現場は埋め戻され、「速報展 脇本遺跡(第15次)の調査結果」が5〜20日、奈良県橿原市の橿考研付属博物館で開かれる。

 前園実知雄・奈良芸術短大教授(考古学)の話「5世紀後半から約200年間、ほぼ間断なく、政権関連施設があったことを示唆している。周辺は奈良盆地から東国への出入り口で、流通、軍事の要衝だったのだろう」

【関連記事】
“縄文ビーナス”は子孫繁栄のお守り? 発見の最古級土偶
最古級の土偶、竪穴住居跡が出土 滋賀・相谷熊原遺跡
平安時代からサルスベリ植栽? 平等院の池で花粉採取
「幻の寺院」首羅山遺跡、100年古い基礎部を発見
一乗谷朝倉氏遺跡 中世のガラス工房跡と大量のガラス玉出土
「はやぶさ」帰還へ

生活保護費詐取事件 元代表、名前複数使い分け(産経新聞)
<嫁見まつり>あでやか花嫁行列 婚活女性の参加も(毎日新聞)
地球の重力「首振ると違和感」=帰還の野口さん、米国へ(時事通信)
<日照時間>3〜5月、12地点で過去最少(毎日新聞)
リニア中央新幹線 迂回ルートにこだわらず 長野県知事(毎日新聞)
posted by ヨネムラ マモル at 15:54| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。